アニマルセラピーについて|東武動物公園の動物病院なら伊藤動物病院へ 年中無休

東武動物公園の動物病院「伊藤動物病院」 年中無休

休診日なし

ご予約・お問合せ

0480352211

9:00~12:00 / 15:00~19:00 ※日曜・祝日は18:00まで

院長コラム

アニマルセラピーについて

院長コラム 2016年07月23日

動物とのふれあいや、相互作用から生まれる様々な効果が医療や福祉、教育の現場で活用されています。
広義でアニマルセラピーと呼ばれるこれらの活動は、目的などにより、おおまかに以下の3つに分けられます。

 

AAA(Animal Assisted Activity)動物介在活動

 

動物とふれあうことによる情緒的な安定、レクリエーション・QOLの向上等を主な目的としたふれあい活動。

一般にアニマルセラピーとよばれる活動の多くはこのタイプです。

 

AAT(Animal Assisted Therapy)動物介在療法
人間の医療の現場で、専門的な治療行為として行われる、動物を介在させた補助療法。

医療従事者の主導で実施します。

精神的身体的機能、社会的機能の向上など、治療を受ける人にあわせた治療目的を設定し、適切な動物とボランティア(ハンドラー)を選択、治療後は治療効果の評価を行います。

 

AAE(Animal Assisted Education)動物介在教育
小学校等に動物と共に訪問し、正しい動物とのふれあい方や、命の大切さを子供たちに学んでもらうための活動。

生活科や総合学習などのプログラムとして取り入れる学校も徐々に増えています。

ページトップへ

獣医師さん、動物看護師さん、
事務受付募集!

募集情報の詳細はこちら