口腔ケアについて|東武動物公園の動物病院なら伊藤動物病院へ 年中無休

東武動物公園の動物病院「伊藤動物病院」 年中無休

休診日なし

ご予約・お問合せ

0480352211

9:00~12:00 / 15:00~19:00 ※日曜・祝日は18:00まで

スタッフブログ

口腔ケアについて

スタッフブログ 2018年07月04日

歯についてシリーズでお伝えしてきましたが、最後はお家でのケアのお話です。

せっかくきれいにスケーリングをしても、お手入れをしなくては、また歯石がついてしまいます。

ベストなお手入れは、動物専用の歯磨きをつかって、極細の毛先の歯ブラシで歯周ポケットまでしっかり磨くことです。

でも、なかなかハードルが高いですよね。

歯肉炎があったり、歯槽膿漏になったりすると、歯周ポケットがますます深くなり、お手入れが難しくなります。

しかし、健康な歯であれば歯周ポケットはごく浅いので、歯の見えている部分(歯冠)だけのブラッシングでも定期的にスケーリングをうけていただければきれいに維持できます。

歯ブラシが無理、という場合は、歯磨きで歯冠と歯肉をマッサージするだけでもかまいません。

当院で扱いの動物専用歯磨きは、歯周病菌の増殖を抑える酵素が2種類含まれていて、味も4種類から選ぶことができます。

日常のお手入れをしっかりすることが、結果的に歯磨きのハードルを下げることになります。

 

やっていただきたくないのは、動物の歯にとって、硬すぎるガムを与えることです。

乾燥したアキレス腱や豚の耳などはかなり硬く、歯が欠けてしまうことがあります。

また、丸呑みしてしまう危険もあります。

もう一つ、布製のロープを歯磨き代わりに使うこともおすすめしません。

食べかすや唾液がいっぱいついたロープは、清潔とは言い難いです。

 

 

 

ページトップへ

獣医師さん、動物看護師さん、
事務受付募集!

募集情報の詳細はこちら