猫のアロマ中毒。|東武動物公園の動物病院なら伊藤動物病院へ 年中無休

東武動物公園の動物病院「伊藤動物病院」 年中無休

休診日なし

ご予約・お問合せ

0480352211

9:00~12:00 / 15:00~19:00 ※日曜・祝日は18:00まで

MENU

スタッフブログ

ネコちゃんのアロマ中毒。

スタッフブログ 2021年05月17日

コロナ禍でおうち時間が長くなり、ストレス緩和のためにアロマを始める方が増えているそうです。

アロマは癒されますよね~。

 

しかしネコちゃんを飼われている方はご注意を!!

ネコちゃんにアロマは大敵です。中毒を起こしてしまいます。

 

 

 

皮膚からでも吸収されてしまうので、空間スプレータイプも危険です。

オスメスや個体差もありますが、ネコちゃんは元々肝臓での解毒作用が弱いために症状が出てしまうそうです。

 

 

 

 

 

 

 

最も有名なのはティートゥリーで、アメリカでの研究で中毒症状が起きることが実証されています。

 

他にも毒性が高いと言われている物を調べてみました⇩

フェノール類を多く含むタイムやシナモン。

ケトン類を多く含むミントやローズマリー。

リモネンを多く含むレモン、オレンジなどの柑橘系。

ピネンを多く含むユーカリなど。

 

 

中毒症状としては、神経症状・低体温・虚脱など。

ティートゥリーやペパーミントでは肝障害が起きた報告もあります。

 

下の画像は無印さんで販売しているアロマオイル(エッセンシャルオイル)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

直接ネコちゃんがアロマオイルを舐めたり、皮膚に付着しなければ急性中毒は起こらないと言われているようですが、少しでもリスクがあることを考えたら、使用は中止することをオススメします。

 

 

 

ページトップへ

獣医師・動物看護師・事務受付 募集!

募集情報の詳細はこちら